東北旅は列車でローカル線でのんびり旅

老朽化が進み「銀河鉄道の夜」モチーフの「SL銀河」、2023年春に運行終了へ、2022年は春から初冬まで、2023年は春のみの運行を予定する。今年中乗っておきたい列車です。



SL銀河は、東北地方にご旅行される多くのお客さまにSLの旅を体験していただくことで出来ます。


SL銀河は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を代表的なテーマとした釜石線を走る特別な列車です。


SL銀河は1940年(昭和15年)6月に製造され、1972年(昭和47年)に用途廃止になるまで、32年間のうち27年間宮古機関区を中心として岩手県内で活躍していました。

東北の復興支援と地域の活性化を目的として、2014年4月12日から釜石線の花巻~釜石間で運転を開始しました。C58形239号機が牽引する「SL銀河」は釜石線の前身路線の「岩手軽便鉄道」は、宮沢賢治の代表作「銀河鉄道の夜」のモデルになった路線とも言われています。




SL銀河は東北の「文化・自然・風景」を感じられます。車内は宮沢賢治が生きた大正から昭和の世界観を表現している空間に仕上げられています。





2022年SL銀河の運行スケジュールは下記のリングご参考下さい

https://tourist-train.info/tohoku/slginga/


東北方面行きの格安航空券の検索はこちら↓

最大88%OFF



東北方面行き格安航空券+ホテルの予約検索はこちら↓セットで完全にお得♪

東北周辺のおすすめ宿泊施設の検索はこちら↓最大70%OFF!


閲覧数:11回

関連記事

すべて表示