草津おすすめ散策コース3選

①日本屈指の温泉地・草津温泉! 温泉街の中心に位置する湯畑は、草津温泉のシンボル。 毎分4000リットルの温泉が湧き出ていていつも湯けむりを舞い上げています。自然湧出量は日本一を誇り毎分32,300リットル以上、1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出しています!





②白根火山・​湯釜 群馬県の北西にある標高2160mの活火山である草津白根山の山頂にあるカルデラ湖は直径約300メートル、水深約30メートル、水温約18℃の火口湖である。世界でも有数の酸性度が高い湖と言われている、白根山が今なお活動を続ける活火山である事を物語ります。

記録によると約1882年以前は、火山活動が活発になるにつれて湖底から湧き出した熱水が水に溶け込み、雨や雪なども混じり硫黄に変化し、美しいエメラルドグリーンの湖が形成されました。

エメラルドグリーンの幻想的な美しさは絶景として知られています。草津温泉からも近いため、温泉に行った際にはぜひ立ち寄りたい観光スポットです。



湯釜へのバスでのアクセス方法は草津温泉バスターミナルから「白根火山行き」に乗り、終点で下車します。

冬季期間はアクセス規制があったり、人気の期間は駐車場まで混むことがあったりと、事前の情報チェックが重要です。


③渋峠 渋峠は、群馬県吾妻郡中之条町と長野県下高井郡山ノ内町の間にある峠です。白根山と横手山の間を通過する峠。標高2172mの峠からは、群馬県に位置する“芳ヶ平湿原”が見渡せる。紅葉時期に渋峠から見る景色は、まるで絵画の様な色彩で美しい。日本の国道の中で一番標高が高いことを記した石碑がある。今回写真の用意はなく、ぜひ記念写真一枚を撮る事を忘れずに😁





旅の予約は【旅TIME】


格安海外航空券+ホテル セットで完全お得!


格安海外航空券予約はこちら


旅の予約は↓↓↓コチラ



🌈by photo-ac


※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。

おでかけの際には公式HPでご確認ください。

また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。

引き続き楽しめる観光情報を発信していきます。

閲覧数:6回

関連記事

すべて表示