★鳥取県に来たら必ず訪れたい!おすすめ観光スポット5選

更新日:5月23日

1位 鳥取砂丘 鳥取県といえば鳥取砂丘、日本最大の「鳥取砂丘」は国の「天然記念物」と「日本の地質百選」にも選定されている、砂浜が美しく、地球のパワーを感じる場所です。観光可能な砂丘として日本最大の「鳥取砂丘」は、南北2.4km, 東西16kmに広がる海岸砂丘、「鳥取砂丘」は夏もおすすめですが、冬の「鳥取砂丘」も魅力的なんです!鳥取は雪が降る日もあるので、冬に行くとタイミングが合えば薄く雪化粧をした「鳥取砂丘」を見ることができます。





2位 浦富海岸島 

浦富海岸は日本海の荒波によって形作られた壮大な海食地形をしています。水深25mの透明度で山陰海岸の中でも最も美しい景観ともいわれています、日本海の荒波と風雪が彫りあげた、どこまでも透き通る海水に浮かぶ島々、浦富海岸に浮かぶ島々の間を遊覧船で巡ることができます、船内中央の船底がガラス張りになっているので、船内から海底の岩や砂、 海藻、時には船の真下を泳ぐ魚を観賞することもできます。

目が青くなるんじゃないかと思えるほどの美しい海で、荒波に削られたダイナミックな海岸線も圧巻。「これぞ絶景!」と呼べる、日本全国に美しい景色にランクイン。




3位 仁風閣 鳥取藩主であった池田仲博侯爵によって建てられた、仁風閣鳥取県鳥取市にある西洋館。中国地方屈指の明治洋風建築として名高く、国の重要文化財に指定されている。風閣は、1907年、鳥取藩主であった池田仲博侯爵によって建てられた、フ亜の木造瓦葺の外観や日本庭園の美しさが評価され、1973年に国の重要文化財に指定されました。

仁風閣の名は、東郷平八郎の命名により、直筆の額が2階ホールに掲げられています。、周辺は久松公園として整備され、建物の外観と一帯の自然の調和はまるで絵画のような美しさだ。仁風閣を見学したあとは、裏手にある庭園へ。茶室の宝扇庵(ほうせんあん)などがある池のまわりを散策するのもおすすめ。




4位大山 日本で3番目の国立公園となった大山は、「日本名峰ランキング」でベスト3に選ばれるほど美しい。鳥取砂丘と並ぶ鳥取県の自然遺産。標高1,709mを誇る、成層火山であるが、活火山としては扱われていない。鳥取県および中国地方の最高峰でもある中国地方最高峰で日本最大級のブナ林や特別天然記念物に指定されるダイセンキャラボク、様々な動植物や昆虫など、多様な生態系を形成しています。


大山秋景色



5位 大山寺 大山寺は鳥取県西伯郡大山町伯耆大山中腹にある天台宗別格本山の寺。山岳信仰に帰依する修験道の修行道場として栄えた大山寺。 平安時代以降、山岳信仰の仏教化が進むにつれて寺院が増え最盛期には100を超える寺院「大山僧兵3000人」と言われるほどの勢力に、その後衰退し、現在は4つの参拝堂と10の支院を残すのみとなっています。荘厳な雰囲気を放つ大山寺と大神山神社奥宮は、周囲を杉の老木に囲まれた静寂の中に佇む古刹。大山寺は奈良時代に創建されす古来より”神います山”として崇められてきた。[大山寺]大山を訪れたら絶対に参拝しておきたい歴史ある有名なお寺です。