大人の週末台湾旅行、台湾の お茶文化

少しお休みをしたい、心が癒される旅、週末だけでも十分に楽しめる「台湾」。


台湾のお茶について、台湾茶は、1810年に中国福建省の商人が中国茶の苗木を台湾に持ち込んだのがきっかけといわれていますその後、茶樹の栽培に適した温暖で雨が多い島国特有の気候によって台湾独自の製法でお茶作りが行われ発展してきました

台湾茶をはじめ、お茶にはいろいろな種類があります。基本的にお茶は同じ茶葉で緑茶、紅茶、烏龍茶などを作ることができます。主なお茶の種類の違いは茶葉を作る段階での発酵度(発酵の有無)や焙煎方法などが異なるだけです。





台湾国内で最も人気のある高山茶です、その名が示すとおり「高い山でできたお茶」です

高山茶の味わいは清々しい味の中にも奥深い濃厚なお茶の甘さが口に広がり、飲んだ後喉の奥から湧き上がり、雑味は全くなく、香りは上品で甘いです。色合いは薄い黄色になります、軽やかな香りとすっきりした味が特徴になっています。上品な香りとすっきりした味で、幸せな気分になって下さい。



本格的な茶道具を持っていなくでも大丈夫な台湾茶の美味しいお入れ方

①用意するもの、急須、マグカップどちらでも大丈夫です

②小さい急須の場合は茶葉6gに対して湯量150mlが目安

③マッグカップの場合は200ml

③お茶を美味しくするポイントは95~100度のお湯を使います。

球状茶葉でしたら、45秒~1分間、茶葉を一度熱湯で軽く蒸らしてから、お湯を捨ててから、再度お湯を入れると茶葉が開きやすくなる、香りも強くなります。

⑤④番と同じ手順を行い、マッグカップの場合はマグに直接お湯を注ぐだけです。茶葉を浸けたままでも、味も濃く渋くもならないので心配はございません。

以上①~⑤までの手順で台湾のお茶を美味しく頂きます。




その他もたくさんのお茶の種類があります、「文山包種茶」「鉄観音茶」「凍頂烏龍茶」「東方美人茶」と分かれています。

その数は10種類以上!緑茶や紅茶、ジャスミン茶などの花茶もあるので、お茶の魅力にはまってしもうと台湾に行く旅、私は必ず友人と一緒にお茶を飲みながら都会の喧騒を忘れてほっと一息!




そんなお茶の特産地である台湾では、日常的にお茶を飲む文化が根付いています。自宅で家族団らんの際に飲むのはもちろん、茶芸館、カフェなどで台湾茶を楽しむことができます台湾の街を歩くと至る所にドリンクスタンドと呼ばれるテイクアウト専門のドリンクショップがありますが、ドリンクスタンドではタピオカミルクティーやフルーツスムージーなどの台湾で人気のドリンクを味わえるだけではなく、最近は上質な台湾茶を使用したドリンクを楽しめるお店も増えています、コンビニなども美味しいお茶を手軽く購入する事が可能です。


いかがでしょうか?台湾のお茶を飲みたくなりましたか?


弊社のお薦め台湾の高山茶今ならお買い得♪数限りがある為、ご購入の場合はお早目に♪↓をクリック




閲覧数:50回