~高知県・龍河洞の探険~


龍河洞の全長は約4km、観光コースは約1km神秘の洞窟は、山頂付近の盆地にたまった雨水なんと1億7,500万年の歳月をかけてつくりだしたとされている。

龍河洞の魅力を少し紹介したいと思います



魅力その一つ「天降石」洞内で最大の大きさの鍾乳石である、高さは約11メートル、15万年をかけてつくられたとされている、天降石の右には「絞り幕」と共に一見奇怪とも言える景観を造り出しています。



次の魅力は「神の壺」龍河洞には神の壺が!(洞内発見の弥生式土器) 龍河洞には約2000年前に弥生人が住んでいた痕跡が残っているのです、石灰華に包まれた壺、この壺は鍾乳洞とつながって一体化しているもの、約2,000年前に弥生人がこの鍾乳洞で生活をしていた事が分かりました。その時に使っていた壺が長い年月をかけてそのまま鍾乳洞の一部になってしまったもので、考古学上資料として学術的に高い価値を持っている。


歴史的価値のある神の壺
歴史的価値のある神の壺

もう一つの魅力は龍河洞の洞内に滝を見られること、それが「記念の滝」である、高さ11mの洞内最大の滝でブルーのライトアップがとても神秘的です



龍河洞の千枚岩 高さ約11m、天然のオブジェ、自然が作り出した神秘的な世界。



約1kmの探勝コースでは天降石の周囲に約14メートルの千枚岩などの石柱、石筍を見ることができその造形は見事な大自然の芸術。自然が作り出した芸術ともいえるこの鍾乳洞。













龍河洞は弥生人の穴居遺跡もあり、彼らが置き忘れた土器が石灰華にまかれた神の壺は古代へのロマンを誘う。

龍河洞の洞内の温度が15度程度で保たれており、一年中過ごしやすいことから弥生人の居住スペースになっていたのだろう。

日本の代表的鍾乳洞で幻想的な世界を体感してみませんか?


龍河洞アクセス方法:

住所:高知県香美市土佐山田町逆川1424

高知自動車道南国ICから、車で約20分

高知龍馬空港から、車で約15分

JR「土佐山田駅」から、バスで約20分

土佐くろしお鉄道「のいち駅」から、車で約8分


高知行く格安航空券+ホテルの予約検索はこちら↓セットで完全にお得♪




高知行く格安航空券最大88%off、航空座席あるうちに早めにご予約はおすすめです♪