まるで台湾!?埼玉で海外旅行、埼玉県坂戸にある台湾神社が凄かった!


ここは埼玉県、坂戸にある台湾の道教の宮である、道教建築として国内最大級!台湾人貿易商の康國典(こうこくてん)により、難病治癒の記念として建立され、1995年に開宮した。


1920年代に台湾の板橋に生まれた康國典は中国大陸でのビジネスで財を成した。40代の半ばに大病にかかり、三清道祖を祀る台北市にある指南宮での願掛けにより完治した。神様へのお礼のための宮を建てようと思ったという、台湾ではご利益があった際には感謝の気持ちを示すため廟を建てる風習がある、建立地を探していたところ、坂戸のこの地にとお告げがあた為、1995年に開宮した。近年、聖天宮は正式名称を「五千頭の龍が昇る聖天宮」へと改めた。


ここは日本ですか!まず出迎えてくれるのが豪華絢爛門、光輝くゴールドや黄色の色彩、色鮮やかな創りは遠くから目を引きます、 「本当に台湾みたいで驚きました!」


建造物全体中華系らしく、5000もの龍の彫刻が施されており、金色・朱色といったカラフルな色合いが、観光客の足を引き止めさせています。


聖天宮本殿と回廊はどちらも細かく隅々まで彫刻や装飾品が施されており、1つの芸術作品を感じさせてくれます。台湾出身の康國典大法師が夢のお告げに従って建築場所に選んだのは、台湾ではなく日本でした。台湾から一流の宮大工を呼び寄せ、平成7年に開廟するまでに、なんと15年もかかっています。。


聖天宮 は中国三大宗教の一つである道教の思想を基に、台湾から一流宮大工を呼び寄せ開廟されたとのこと。道教とは多神教。「神仙思想」「老荘思想」という2面から成ります。

「神仙思想」とは、不老不死の探求。その思想から漢方や気功、風水や占術といったものも生まれました。


御本尊である三清道祖がどんな願いでも叶えてくれる神様として知られています。しかし理由はそれだけではなく、聖天宮が建立された土地自体に強力なパワーが宿っていると伝えられています。



埼玉県のパワースポット・聖天宮へのアクセス方法をお伝えします。

聖天宮は、東武東上線「若葉駅」から2.5kmほど離れた場所にあります。駅からは徒歩またはバスでアクセスできます。

●徒歩の場合は若葉駅から徒歩で聖天宮にアクセスする場合、駅の東口を出て、15分ほど歩きます。

●バス利用の場合は東武バスを利用する場合は、若葉駅前の東口にある1・2番乗り場から、「若01」「若02 」「東坂03」系統のバスに乗ります。1時間に2本ほど出ています。

●車で行かれる方は、関越自動車道「鶴ヶ島IC/坂戸出口」から一般道で聖天宮方面へ20分ほど走ると到着します。

120台まで停められる大型の駐車場が整備されています。

★参拝時間:10時から16時(年中無休)

★拝観料金:大人 500円(高校生以上)、中学生250円、小学生以下無料、障がい者250円。

最後埼玉県のパワースポットあまり知られていない聖天宮に行ってみたいと思いませんでしたか?台湾を感じさせてくれる不思議な雰囲気が漂う聖天宮です。参拝に訪れるだけで、あらゆる願いを叶えてくれると噂される万能なパワースポットのようです。恋愛・金運・仕事運と、あなたも叶えたい願いがあるようでしたら、ぜひ埼玉県の聖天宮を訪れてみてください。


【旅の格安情報もぜひチェックしてみてね👇👇👇】


閲覧数:11回